サッカースパイクのアッパー素材の種類

天然皮革の特徴:

天然皮革がよくカンガルーレザーと牛革とさいますが、

他の動物の皮毛を利用する場合もあります。

サッカースパイクの原材料としては以前から利用されていて、

現在もプロサッカー選手が愛用しているスパイクで天然皮革のものは、

カンガルーレザーの靴ばかりです。

天然皮革製のサッカースパイクは使い込むほど

伸びて足に馴染んでくるメリットがあります。

人工皮革に比べ蒸れません。

逆に、型崩れを起こしやすいため手入れが必要です。

天気が悪い時に雨や水に弱いため雨に濡れると

変形しやすい欠点があります。水に濡れた場合に

そのままで放っておくとカビが生えてしまうこともあります。

価格面において、天然皮革が高価でお得ではないです。

人工皮革の特徴:

人工皮革は、人工合成繊維を立体的に組み合わせて

作った材料に、ポリウレタン樹脂などを染みこませて作られた人工レザーです。

人工作りの製品ですから、天然皮革と比べて安価で、

作り出すものによっての品質のバラツキが少なく、

軽くて耐水性や耐久性にも優れたです。

天然皮革の柔らかさが備えないので、人工皮革サッカースパイク製品が、

伸縮性において伸びにくく縮みにくいというデメリットがあります。

しかし、新型技術の貼ってに連れて、

人工皮革の品質とレベルがだんだんに高めます。

天候による型崩れをしなく、水に強い特徴のため悪い天気で

使いでも大丈夫でプレイすることができます。

ニット素材:

近年には、ニット生地サッカースパイクが多くなってきました。

特にナイキサッカーシューズの「マジスタ」と「ハイパーヴェノム」二つのシリーズです。

足をしっかり固定し、最も自然的なフィット感を追求する

ニット生地が現在のアッパー素材の新しい寵児になります。

以前では、ニット生地がどのようにサッカー靴に使うのが全然知らないです。

サッカーをするときに高強度の対抗を受けることが出来るかどうか不明ですが。

現代のサッカーシューズ界では、新しい革命がいよいよきました。

ニット生地が確かにかつてない、

すばやい動きや急な方向転換のときも安定したフィット感を提供することをもたらすが、

目立つな問題が材料費の高さ、販売価格も高いなので、サッカー界で普及するのは時間かかることです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です